So-net無料ブログ作成

MamiyaとPENTACONの共通点 [カメラ機材]

M645 1000Sのグリップを外して、PENTACON SIX TLに使っていたストラップを取り付けました。
M645シリーズとPENTACON SIXのストラップを吊る金具の径が一緒で、取替えがきくことは、
緩くて外れやすいPENTACONのストラップで悩む人が多いせいか、ネットで情報が出ていました。
それでPENTACON用にM645のストラップを購入して使っていたのですが、今度は本来のカメラに
取り付けることにしたのです。

グリップを左手で握り締めて散歩すると、それなりの重量が片腕にかかるためにくたびれます。
首に回したストラップで吊り下げてなら、RZ67よりは軽いようで、散歩に出る気分になれます。
この辺りは、自分で判断したのではなく、M645を持っている知人の「軽くて小さいから、いい
でしょ?」と云うお言葉に、「重いよ」と愚痴を言ったら、「ストラップに代えてみ」って。
RZのストラップはカメラ本体のレンズ寄りに付きますが、M645 1000Sのは一番後ろ側。
襷掛けに背中に回している間は、水筒を背負っている感じでバランスがいいのですが、いざ
撮るとなると、RZの方が重心が安定してぐらぐらしないのでファインダーが見やすいです。

この2週間、お昼休みの順番が午後7時ころになっていて、思うように写真が撮れてません。
今日(更新が日を跨いでしまったんで、もう昨日ですが)も日が落ちた後だったので、少しだけ
明るさの残る空をバックに一枚だけ撮って、あとは眠って過ごしました。明日は撮れるかな。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。